Original

白いカーテンがオススメ!夏に選ぶカーテン

これから暑い夏を迎えますね。

少しでも暑い夏を快適に過ごすために、昔から日本人は風鈴やスダレ、金魚鉢といった視覚、聴覚などで涼しさを感じる工夫をしてきました。

現在の住宅は、カーテンが主流ですが、涼やかな印象の白いカーテンがオススメです!

(実は冬にもオススメなので、ご心配なく。)

                    

目次:

1.白いカーテンがオススメの理由

2.白いカーテンのメリット

  メリット1:部屋がスッキリ、広く見える

  メリット2:どんなインテリアも引き立てる

  メリット3:模様替えしやすい

3.まとめ


1.白いカーテンがオススメの理由


カーテンショップでカーテンを選ぼうとすると、その種類の多さに驚くと思います。

自宅の家具の色合いや質感、ソファの生地、その他たくさんのインテリアアイテムとコーディネートしながら、お部屋にぴったりの1枚を探すことはなかなか難しいですね。

そのため、つい無難なものを選びがち。圧倒的にベージュが人気です。確かにベージュはインテリアに合わせやすい色ですが、ベージュにも色々な色味や質感があるので、「無難」と思ったものでさえ、実際に部屋にかけてみるとしっくりこないことも多いのです。


そんな時は白いカーテンがオススメです。

なぜなら、白いカーテンはどんなインテリアも引き立てる魔法のカーテンなんです。



2.白いカーテンのメリット

メリット1:部屋がスッキリ、広く見える


お部屋を広く、スッキリ見せたいなら断然白がオススメです。

日本の住宅の壁は白が多いですが、白い壁なら白いカーテンがぴったり。

また、夜、カーテンを閉めた時には、窓は壁以上の面積になることもあります。そのため、もしカーテンが赤や黒だったら、赤い部屋、黒い部屋になってしまうことも。

このように、色を入れる時にはそれなりの配慮が必要ですが、白なら間違いがありません。



メリット2:どんなインテリアも引き立てる


白いカーテンはどんなインテリアでも合わせやすく、インテリアの個性を引き立てます。

欧米風、アジアン、北欧、モダン、クラシック、ロココ、ミッドセンチュリー、ラグジュアリー、エレガント、カジュアル、シック・・・どんなスタイル、テイストのインテリアでも引き立てることができる、それが白いカーテンです。


実は海外のトップクラスのインテリアデザイナーたちも、

インテリアを引き立ててくれるため、白いカーテンを多用しています。



メリット3:模様替えしやすい


ホワイトインテリア、モノトーンのインテリア、ベージュやグレーといったニュートラルカラーのインテリア、または、ピンクやブルーの花柄のインテリアでもOK!

多色づかいの部屋にもよく合います。

例えば夏は涼しげなブルー系のインテリア、冬は暖色系のインテリア・・・など、

季節に合わせて模様替えをして楽しむこともできます。

ちょっとだけの模様替えでも、大胆な模様替えでも、白いカーテンなら部屋の雰囲気に合わないという心配はありません。


これから夏を迎えるにあたり、ブルー系のクッションや小物を足せば、

白とブルーのインテリアが出来上がります。

見た目もさわやかで、暑い夏を気持ち良く過ごしたいですね。


さらにお引越し時に、インテリアはゆっくり考えたいけど、とりあえずカーテンが必要、という時がありますよね。

そんな時にも、白いカーテンにしておけば、後からいくらでも好みのインテリアを楽しむことができます。



3.まとめ


白いカーテンの魅力、お分かりになりましたか?

白いカーテンがなぜ魔法のカーテンなのか、その理由は次のとおりです。


・日本の住宅は白い壁が多い。

 白い壁と白いカーテンで白の面積を多くすることで部屋を広く見せることができる。

・トップクラスのインテリアデザイナーも多用するほど、インテリアを引き立てる効果がある。

・どんな色とも相性がいいので、模様替えがしやすい。


とても優れている白いカーテンですが、「白いカーテン」と一言に言っても、生地、形状、ヒダの出方、ボリューム感などで印象が大きく変わります。


どんな種類があるのか興味がある方は、白いカーテン.comで紹介しておりますので、こちらをご覧くださいね。

飯沼朋子

飯沼朋子

建築士、インテリアデザイナー| ロンドン The Interior Design School プロフェッショナルディプロマ取得| 英国インテリアデザイン協会(BIID) 最上級会員| 暮らしやすく美しい空間づくりに役立つようなコンテンツを配信しています。